当前位置:首页 » 资讯中心 » 媒体报道 » 长荣佳被日本软包装通讯报纸大幅报导

长荣佳被日本软包装通讯报纸大幅报导

目录:媒体报道星级:3星级人气:-发表时间:2013-03-18 19:09:00
RSS订阅 文章出处:东莞市长荣佳胶袋有限公司网责任编辑:liyijun作者:liyijun

 

日本の品質!中国の価格!”の訴求も奏功し、その存在がわが国でも着実に浸透する長栄佳膠袋製品有限公司(日本の営業所=エバーグローリープラスチックパッケージ/東京都品川区、℡03?5487?0201)が生産拠点を移転、大幅に拡充する。新拠点は現在の深○市に隣接する東莞市に展開し、総敷地上積2万5000平 方?と既存工場の4倍強の規模に拡大、生産ラインの一層の合理化はもちろん、日本市場への侵攻強化を見据え衛生处理?品質处理に徹底を図る。従来の雑ポ リ、ノベルティーグッズ的な打印加工品はもちろん、ラミ加工品も含めより高いレベルでの结束を目指す。新たな製造拠点の稼動は、同社がかねて積極的な提案 を繰り広げる「邦人パートナーシップ」の増加にも効果をあげそうだ。

 重生産拠点は5月をメドに稼動する予定。巨容を誇る建物(敷地も)自体は実は買収したもので、すでに建設済み。現在は内部の徹底的な改修が進んでいる。

 97年3月設立の長栄佳膠袋製品有限公司の生産拠点では現在、10色振分けグラビア打印機1台、8色グラビア打印機2台、6色グラビア打印機1台、ドライラミ機3台、各種製袋機50台、熱転写機20台、スリッター等が稼動し、例えば打印才干は日産50万平方?、製袋は同400万枚を数えるが、これら既存打印加工機は全て新工場に移転。加えて、押し出しラミ機1台、グラビア打印機1台も新規に導入する予定。

 単に打印加工才干が向上するだけではない。工場内横持ち解消など、生産拠点としての合理化を図り、より“強い工場”が実現する。

 同社の主力顧客は従来から日本に多く、販売品の約8割は日本向け、06年の日本向け出荷実績は6億8000万枚に達した。最終需要家はブランドオーナーだが、実は同社の直接の交渉相手は従来主に広告代理店や製作プロダクション。この「交渉」で蓄積した各種ノウハウも同社の“日本流対応”の力气を高めた。

 日本に営業所を構えてからは、新たに「パートナーシップ」戦略も打ち出す。在日約17年、流暢な日本語をあやつる蔡(さい)所長の発言を引いて同戦略を換言すれば、「要するにウチを活用して欲しい。我々はウチの使う日本のコンバーターを求めている」。業界用語で言い換えれば、“プリンター”志願というわけだろう。

  新工場稼動に伴い同社は年間売上“2倍増”の目標を掲げる。目標達成を下支えするのは製造拠点の拡大拡充だが、その実現の有力な鍵となるのが、わが国コン バーターの“協力企業”需要をどこまで取り込めるかだろう。庞大な隣国で新たに稼動する工場は、わが国軟包装グラビア業界の従来構図にも時代的な一石を投 じる可能性も高そうだ。

正在加载...

关于“长荣佳被日本软包装通讯报纸大幅报导 ”的相关资讯

我要评论:
内  容:
验证码: (内容最多500个汉字,1000个字符) 看不清?!
 
 
请注意:
 

1.尊重网上道德,遵守中华人民共和国的各项有关法律法规,不发表攻击性言论。

2.承担一切因您的行为而直接或间接导致的民事或刑事法律责任。

3.新闻留言板管理人员有权保留或删除其管辖留言中的任意内容。